にんじんネット沿革

平成13年5月

長崎県立シーボルト大学において「地域コミュニティとLast One Mile」について検討会を行い、「にんじんネット協議会準備委員会」発足。ボランティア有志による実験開始。
平成12年7月
長与町から後援をうける。
平成13年8月12日
第一回にんじんネット協議会設立総会開催。
平成13年11月
無線LANによる町内情報通信インフラ「にんじんネット」開局。約200名の会員を募る。
平成13年12月13日
特定非営利活動法人にんじんネット協議会として法人格を取得する。
平成14年1月
第一次インフラ整備完了。8箇所のアクセスポイントで構成。
同時にボランティアによる電波調査班、ホームページ作成班が結成。
平成14年8月

長崎県主催による「コミュニティビジネスフォーラムにて」シーボルト大学教授藤澤等氏がパネリストとして招かれ、対馬・厳原町、壱岐・郷の浦、森山町にてにんじんネットを紹介。

平成14年11月
にんじんネット一周年記念事業「長与の小さなIT特別講義」をシーボルト大学において開催。参加者総勢150名。
平成14年12月
第二次インフラ拡大整備完了。道ノ尾方面、岡郷方面をカバーする。総アンテナ塔23本。
平成15年3月
長与町にある企業や、お店、個人のホームページを無料で立ち上げ、作成、更新する「長与、1000のホームページ」を企画する。
平成15年4月 長与町議会議員選挙開票速報をホームページに掲載。
平成15年8月
長与町で行われた長崎ゆめ総体ヨットレースの模様を無線ネットワークを使ったインターネットドライブを行い、全国から大きな反響を呼ぶ。
平成15年12月
にんじんネット二周年記念事業として、パソコン講習会は長与町と図書館で、地域の未来について考える講習会は事務局で開催する。
平成16年4月

より充実したホームページのためにボランティアによる取材班が立ち上がる。日本経済新聞に掲載(2004.4.8)

平成16年8月 平木場、本川内方面へエリア拡大。長与町全域にわたったインフラ整備が完了。アクセスポイント数25。
平成16年11月 にんじんネット三水塾開講。第1回テーマ「デジタルICの基礎~ワンボードマイコンを作ろう」17年2月まで4回に亘って実施。
平成17年4月 年間通して撮影したながよ写真だよりの写真展を初めて駅前コミュニティホールで開催。第2回三水塾開催。テーマ「上手などぶろく作り」。
平成17年9月 第3回三水塾開催 テーマ「写真教室」9月から3月まで7回に亘って実施。
平成17年11月 日経地域情報化大賞・地域活性化センター賞を受賞。
平成17年12月

4周年記念事業開催。ネット株・ブログなどの新しい講習会を紹介。

平成18年4月 ながよ写真だより写真展2006をコミュニティホールにて開催。大勢の来場者でにぎわいました。
平成18年4月 今後の無線LANの展開としてメッシュネットワークの研究開発に取り掛かる。
平成18年10月 第8回ながさきITフェアにてメッシュネットワークを紹介する。
平成18年12月

5周年記念事業を開催。年賀状作成講座・講演会「人間関係ネットワークと粘菌の心理学」

平成19年5月

ながよ写真だより写真展が3回目をむかえる。

平成19年10月 総務省の技術試験としてにんじんネット開発の「日本型メッシュ無線LAN」の実証試験開始。
平成20年3月

時津町までアクセスポイントを広げ日本型メッシュ無線LANの実験終了。多くのモニター会員にご協力をいただきました。

平成20年5月

第4回ながよ写真だより写真展開催 。

平成20年10月 ホームページリニューアル 会員によるニュース、イベント、PR、写真等の情報発信が可能に。
平成20年7月 NPOにんじんネットの一部出資により株式会社設立。
平成21年3月

第5回にんじんネット写真だより写真展開催 。撮影範囲は時津町まで広がりました。

平成21年10月 初心者向けパソコン相談会を実施。受講者の“ここがわからない”にスポットをあてマンツーマンで講習。毎月2回開催。
平成21年12月 長与町全域・時津町一部地域の新システムアクセスポイント設置完了。 アクセスポイント数66。
平成22年3月 第6回にんじんネット写真だより写真展を開催 。
平成22年3月 身近な学習場所の紹介を目的とした「講座・サークルページ」を作成。
平成22年7月

時津町アクセスポイント増設。全アクセスポイント数76。

平成22年11月 立ち上げより10年目に入り記念事業を開催。長与駅コミュニティホール内に開設されたスタジオでのトークショー等イベント内容はライブでネット配信した。
 
平成22年12月

戻る