お寿司

こんにちは。
今日も元気な企画部Nです♪( ´▽`)

お寿司が食べたくて、
お寿司が食べたくて…

毎日、
お寿司が食べたい~(´Д` )
と言い続けていたワタシ。

ついに、お寿司を食べに行ってきました!

銅座にある、「や台寿司」へ

20110912-185731.jpg
どーん!

とっても美味しかったです。
本当に幸せ(*´∇`*)

回らないお寿司に初めて1人で言ったので、一貫◯◯円というのに驚き(° ° )

そこで、ふとした疑問。
「回転寿司は何故一皿二貫なのか?」

・回転寿司(イメージ)

ワタシ調べましたよ。
お寿司屋さんに聞きましたよ。

そして、その答え。

「昔の握りずしはおにぎりみたいな大きさ(約40~50g)でこれを一貫と言っていたが、女性や子どもでは食べにくく、握りを半分に切ったものを出したそうです。なので握り二つで1貫が普通だったが、昭和初期に東京の江戸前寿司店のどこかが、江戸時代の最初の握り方で、一貫(通常2個出しをして一貫だったので、分量としては間違いではない)として出したものが、誤解を受けそのままになってしまったのではないか」とのこと。

素晴らしい。
なるほど、納得!

ごちそうさまでした♪

関連記事

アクセス

〒852-8137
長崎市若葉町14-12中村ビル1階B
TEL 095‐865‐8655
FAX 095‐865‐8677

Verified by MonsterInsights